« シンガポール旅行・こんなの食べました編1 | トップページ | あっという間に »

2013年1月10日 (木)

シンガポール旅行・こんなの食べました編2

チャイナタウンの「味香園」へ

1

種類がいっぱいで迷います。

2_8

選んだのはチョコレート・・・5ドル

実は、このお店に来る前に、マックスウェル・フードセンターで

チキンライスとアイスカチャンを食べてたので、ここでは

2人でひとつという、迷惑な注文をしてしまいました~

以前、佐賀の「白糸の滝」で食べた「白雪の花」を想像して

いたのですが、それよりは、もうちょっとサクッとした感じ

かな。

でも、口の中でスグ溶けて、結構なボリュームでしたが

完食です

3_2

ウィ・ナム・キー・チキンライス

こちらもチキンライスの有名店です。

お店はいくつかあるようですが、「112カトン」内のお店で

いただきました。

チキンはスチームとローストを選べました。

チキンライス・・・4.5ドル

4

やはり、スチームの「チキンライス」をオーダーしました。

天天海南鶏飯店さんと食べ比べです

こちらのお味もよかったのですが、チキンが冷めていたのが

ザンネンでした。(これが普通なのかは不明)

天天さんは、ほんのり温かくて、お肉がふっくらしてたの~

Photo_2

「ローストポークヌードル」・・・4ドル

ごろっとしたお肉が乗っかってて食べ応えがあります。

細めの中華めんも、たれも、食べやすくていい感じでした

2_2

「アイスカチャン」・・・3ドル

また食べました

こちらはオーチャードロード、ION(アイオン)のフードコート

フードオペラ」内でいただいたものです。

お店によって、かかってるソースが違うみたいですね~。

これには甘いコーン(とうもろこし!)が、かかってました。

でも、これが合うんです。

好みの問題でしょうが、私には「アリ」でした

1_2

ヒルマンレストラン

リトル・インディア地区にあります。

駅からはチョット離れてます。

カイドブックにもよく掲載されているお店です。

2_3

「ペーパーチキン」・・・10ドル(5ピース)

このお店の名物です。

下味を付けた鶏肉を薄い紙で包んだものを揚げています。

紙を破くと肉汁が出てました

紙を破った写真を撮ってたハズなのに、なかった~

ジューシーなチキンでビールにピッタリ

でもこの後、ホテルでのアフタヌーンティが控えてたので

ここでも禁断のふたりで一皿注文

(ビールは二人分よ

「少ない注文でゴメンなさいね」って言ったら苦笑いしてた

でも、どうしても食べたかったの~

それなのに、JCBカード提示で10%OFF。

重ねてゴメンナサイm(__)m

Photo_3

フラトンホテル 「ザ・コートヤード」の「アフタヌーンティ」

二人で108.3ドル(税込)

これです。これが待ってたのです

まずは3段のトレイに乗っかったサンドウィッチや焼き菓子、

プチケーキなどと、別皿にスコーンが運ばれてきました。

お茶はコーヒー、紅茶(TWG)から選べます。

若干料金を足せば、ワイン付きのコースなどもありますが

今回はおとなしく、お茶のコースで

こちらのアフタヌーンティはおかわり自由。

時々スタッフの方が「追加はどう?」と、いくつかの種類を

トレイに乗せて、それぞれのテーブルを回ってくれます。

ロビーはそんなに広くないけど、天井が高く開放感はあるし

ソファの座り心地もよくって、ゆっくり楽しめました。

それなりにおかわりしてたら、結構お腹がパンパンに

なっちゃった

1_4

マカンストラ・グラットンズ・ベイ

深夜まで営業しているホーカーです。

ホテルからは歩いて10分くらいだったかな?

2_5

深夜までにぎわっています。

15時からのアフタヌーンティの後だったので、結構遅い時間に

行ったのに賑わってました。 

平日だったけど、子供連れのご家族も。

Photo_5

「ラクサ」

スープの色だけ見ると結構辛そうですが、ココナッツミルクを

ベースとしているので辛さの中にも甘味があって、すごく

美味しいです。

Photo_7

「ホッケンミー」

日本でいうと「海鮮焼きそば」ですかね。

どの日本人の口にも合うお料理だと思います。

さっぱりと優しいお味でした。

どちらもレシート紛失のため値段がわかりませんが、

手頃なお値段(安い!)だったのは間違いないです

1_8

ソンファ・バクテー」さんにも行きました。

・・・と、言うより、たまたまクラーク・キーからボート・キーに

向かって歩いていたら、看板を発見!

確かブログ情報で美味しいって書いてあったお店です。

おお!ラッキー

ちょうど、角にある方のお店は閉店作業中だったので、

2軒先の別館(?)の方でいただきました。

2_7

「バクテー」

スペアリブ(左)・・・8.5ドル

ヒレ肉(右)・・・6ドル

ウエットティッシュ・・・(二人で)40セント

私には結構スパイスが効いているスープでした。

ニンニクはそう感じなかったです。

でも、クセになるというか、どんどん進みます。

お肉もしっかり煮込んであるので、ほろっとしてます。

ダンナさま大絶賛のお料理でした。

3_3

「菜心の炒め物」・・・3.5ドル

これも美味しかった~

このお店にはザンネンながらアルコールは置いてありません。

ダンナさま、ガッカリ(笑)

朝食はホテルのレストランを利用したので、一般的なお料理

でしたが、それ以外はシンガポールのローカルフードばかり

いただきました。

総じて私たちの口にはピッタリで、どれもハズレはありません

でした。

本当に美味しかった~

あまりに気に入っちゃって、高島屋の地下でインスタント麺の

ラクサとミーゴレン(これをお店で食べれなかったのが悔しい)

レトルトのチリクラブソースも買ったくらいですから

安くて美味しくて、言う事なしのシンガポールフードです

|

« シンガポール旅行・こんなの食べました編1 | トップページ | あっという間に »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。