デザイン:古屋加江子

古屋先生の雰囲気を出すのは、かなり難しく、当然この作品だって
下手なんですが、実はこれだけ見ては、
「お!結構いいじゃん!」って思ってる作品です(笑)
;